Lidix Official Blog

Lidixが開発した不動産情報や日々の出来事を書いていきます。

新型コロナの混乱でも不動産を買いまくるvol.2

新型コロナの影響が出ている業界は、旅行・飲食・ホテル・イベント関係が主なところでしょうか。

 

その中でも、不動産に関係するのはホテルです。

2020年はオリンピックイヤーでもあり、業界にとってはかなりのビジネスチャンス。

数年前から建設ラッシュで、供給量がかなり多くなりました。

 

下記の表は『ホテル客室数の推移』です。

f:id:lidix:20200324133927p:plain

 出所:観光庁「宿泊旅行統計調査」よりみずほ総合研究所

 

稼働率80%を超えていたホテル業界は、新型コロナの影響で苦境に立たされました。

 

そんな中、更なる加速で不動産を買いまくっているのが『アパホテル』

f:id:lidix:20200324140459j:plain

アパホテルは、2009年の時点で6ホテルしかありませんでしたが、リーマンショック後の10年で649ホテル客室数は10万室を突破しました。

 

アパホテルの2019年の売上1371億円経常利益335億円経常利益率は約25%でホテル業界では圧倒的な数字を誇ります。

 

アパホテルの戦略の中で2010年から始まった「第1次頂上作戦」というものがあり、東京を中心に開発をしたようです。

2010年といえばリーマンショックなので、各デベロッパーが用地購入を見送る中、当然のように安い金額で仕入れを行ったのでしょう。

f:id:lidix:20200324142246p:plain

 「第2次頂上作戦」は2015年から大阪・名古屋・広島・博多などの地方中核都市を中心に展開したようです。

そして、新型コロナの猛威が振るう中、4月から「第3次頂上作戦」を開始すると宣言しています。

f:id:lidix:20200324143322j:plain

上記の写真は、日本最大ホテルのアパホテル横浜ベイタワーです。

 

客室が2311室もあるホテルで、オープン前は稼働率がせいぜい40〜50%だろうと言われていたのが、“ラグビーワールドカップ”にぶつけるという戦略眼で、オープン2日目には稼働率100%を達成し、その後も90%確保しているというのでさすがとしか言いようがないですね。

 

現在、新型コロナの影響で観光業全般が不振に響く中、今後、日本で伸びる産業としてあくまでも“観光業”と豪語しています。

当然、今年はインバウンドも下がると予想しているようですが、将来は4000万人、5000万人となってもおかしくないと考えているようです。

 

「圧倒的な日本一」を目指し、全ホテルのシェア10%を取りに行くとするアパホテルに、今後も注目していきたいと思います。